1. ホーム
  2. 産後ケア
  3. ≫授乳中にサプリメントを飲んでも大丈夫?

授乳中にサプリメントを飲んでも大丈夫?

授乳中の葉酸やサプリメントは赤ちゃんに害はないのか知りたい!

授乳中にサプリを飲んでも大丈夫?

妊娠前から後期までの間、葉酸やそのほかの栄養素を補うためにサプリメントを愛用していたというママも多いはずです。
そういったママたちがいよいよ授乳期に入ってみてふと考えるのが
「授乳している間、葉酸サプリメントを飲み続けて大丈夫かしら?」
という疑問です。

ママの口にしたものは必ず母乳に含まれてきますので、もし赤ちゃんの体に悪影響があるとしたら怖いですよね。

ここでは、授乳中(産後)にサプリメントを飲むことについて、特に葉酸を例にとって調べてみました。

葉酸は産前から授乳中までイイ仕事をします

葉酸の働きにはいろいろありますが、授乳中(産後)に欠かせないポイントが3つあります。
一つ一つ見ていきましょう。

赤ちゃんの活発な成長のため、細胞分裂に欠かせない

赤ちゃんは生まれてから3か月目までの間に、体重を倍に増やし、身長も6-8cmほど伸ばします。それだけ早いスピードで成長している赤ちゃんの体の中では、目まぐるしい勢いで細胞分裂が行われています。この時に必要なのが葉酸です。葉酸が不足しがちな赤ちゃんは成長のスピードが遅くなる恐れがあります。
葉酸は粉ミルクの中にも配合されていることからも、赤ちゃんには必要な成分ということがうかがえます。

母乳の原料は血液

母乳の原料とは何かご存知ですか?実は母親の血液なのです。母親の血液が乳房の乳腺を通って母乳へと変化し、赤ちゃんの体へと運ばれていくのです。
つまり、血液の次第で母乳の質や量も変わってしまうというわけなのです。
良い血を増やすために欠かせないのが、造血作用のある葉酸です。

出産でダメージを受けた母体の回復に必要

臨月になるとお産に向けて母体の血液量は通常時の1.5倍にまで増えますが、赤血球など血液成分は1.2倍までしか増えません。つまりとても貧血になりやすいのです。
産後は周囲のサポートがある方でも赤ちゃんのお世話などで大変不規則な生活になります。貧血症状である立ちくらみや疲れやすさなどをリカバリーするためにも、造血作用と新陳代謝力をあげる葉酸はおすすめの栄養素と言えます。

母乳の出は血行の良さでも決まる!

母乳の出は血行の良さでも決まる

葉酸は生物の細胞が分裂したり生成したりするときに必要な物質なのですが、中でも赤血球の増殖にはなくてはならない栄養素です。
貧血防止に葉酸が良いというのも、葉酸が赤血球を増やして血液中のヘモグロビン量を十分なものにするからなのですね。

そうして十分な濃さを持つ血液が作られれば、母乳の質も上がるのですが、赤ちゃんを産んだばかりのママの中にはなかなか母乳が出なくて悩む方も少なくありません。
実は母乳の出は、量とともに乳房周辺の血行の良さでも決まります。
血管を柔らかく保ち血行を促す葉酸の嬉しい作用も、母乳育児を進めたいママには見逃せないポイントです。

まとめ…授乳中は妊娠中に飲んでいたサプリを飲んでもOK

授乳中に飲んでもOK

妊娠中に赤ちゃんのために飲み始めた葉酸やその他のサプリメントの成分は、もちろん産後のママや赤ちゃんの健康を守るためにも役立ってくれます。

ただ、お腹に赤ちゃんがいた時と産後の必要成分量は、それぞれの栄養素によって変わってきます
また、出産を機に体質が多少変わっってしまったという方もいらっしゃると思いますので、もし何らかの変化を感じたり不安だったりした場合には、サプリメントメーカーや場合によっては医師に相談してみることもおすすめします。