1. ホーム
  2. 葉酸と妊活
  3. ≫葉酸は妊活に必須の栄養素

葉酸は妊活に必須の栄養素

妊活をするなら葉酸は外せない栄養素!産科医が必ず薦める理由とは?

妊活を決めたら葉酸は外せない栄養素

小中高と地元の公立出身で、大学も自分のやりたい勉強が出来る学部に運よく合格。
就職も何とか決まって、管理人ノッコの社会人生活が始まりました。

仕事もやりがいがあり、趣味も楽しくて夢中で過ぎて行った私の20代。
30代になりそろそろ結婚したいな…と思っていたところに、直属の上司の紹介で今の主人と知り合うことが出来ました。
2年ほど交際した後トントン拍子にお話がまとまって、優しく真面目な主人と結婚することが出来ました。

大なり小なり悩みはあったけれど、周りの方のおかげで平凡で大きな挫折もなく穏やかに生きてきた私が、38歳になって大きな挫折感にとらわれています。

それが、なかなか赤ちゃんが授からないという悩みです。

でも、ただただ悩んでいるばかりでは何も始まりません。
そこで妊娠に良いと言われる事やものを、出来るだけ実践してみようと思ったのが、私の「妊活」の始まりでした。

妊活の前に、まずは子宮環境を整える体作りが大切

妊活の前に、まずは子宮環境を整える体作りを

と言っても、妊活ってまず何を始めればいいのかな…。
そこで、婦人科検診の時に、結婚前からお世話になっている産婦人科に久々に足を運ぶことにしました。

そこで先生に妊娠するために、今の私が始めたほうがいいことを質問してみたところ

  • 基礎体温をつけて排卵日を記録する
  • 体を冷やさないように衣、住を工夫する
  • 適度な運動で基礎体力を整え、妊娠中と産後を乗り越えられる体力作りをしておく
  • 栄養素がバランス良く摂れているか、「特に」葉酸は初期の妊婦と同じ400μgを摂れているかを確認

を教えていただきました。

中でも「葉酸が妊娠にいい」というのは、なんとなく知ってはいたのですが、医師が「特に」と前置きするほど、葉酸は妊娠に必要不可欠な成分ということも分かりました

妊娠する前から葉酸を摂っておきたいワケとは?

先に妊活を経験した友人たちに聞いてみたところ、やはりどの病院の医師も、葉酸を摂る事はアドバイスしてするようです。

というのも、妊娠初期でも特に妊娠7週目までの時期の葉酸不足は神経管閉鎖障害という先天性の障害の原因になってしまうことが、はっきり分かっていて、母子手帳にも書かれているからです。

神経管閉鎖障害は、その名の通りおなかの赤ちゃんの脊椎が形成されるときに神経管が閉じずに成長してしまう先天性の障害で、閉じなかった場所によって体の部位に様々な運動機能の障害が起きてしまう恐れがあります。

特に重い障害が、脊椎の上部が閉じずに起こってしまう、無脳症という障害です。
無脳症の赤ちゃんは、残念ながらママのお腹の中から出ては生きていけません。

こうした神経管障害のリスクのうち75%は、葉酸を妊娠7週目までにしっかり摂っておくことで予防できるのです。

葉酸はママだけじゃダメ!パパも飲んでおきたい

ところで、葉酸を飲むことで胎児の先天性障害リスクを減らすためには、ママだけではなくパパも葉酸を飲む必要があるのです。

排卵日に卵巣からポコンと排出された卵子と精子が結びついて受精卵となり、胎児へと成長していくわけですが、受精卵が出来た瞬間から細胞の分裂はすさまじいスピードで始まっています。

実は受精卵が子宮の中に着床するまでに、7-10日ほどかかります。
その間も受精卵の中では細胞分裂が続き、もちろん葉酸は使われ続けています。
つまりパパが常に葉酸不足の食生活を送っているとしたら、もちろん精子の中の葉酸も不足している状態なのです。

先天性の障害リスクを予防するためには、パパも葉酸を摂っておく必要は十分にあると言えるのです。

妊活は夫婦ふたりのもの 一緒に葉酸を摂っています

夫婦一緒の葉酸サプリ

妊活というと、どうしても女性の負担が多くなるものです。

考えてみれば、私が今回先生に聞いた

  • 基礎体温をつけて排卵日を記録する
  • 体を冷やさないように衣、住を工夫する
  • 適度な運動で基礎体力を整え、妊娠中と産後を乗り越えられる体力作りをしておく

は、どれも女性側が毎日コツコツやらなくてはならないことです。

だからと言って、これをすれば必ず赤ちゃんが授かるというものではないのが、これまた妊活です。
毎月なかなか妊娠に辿り着かなければ、正直言ってなぜ私ばっかり!とイライラする時もありますよね。

でも、

  • 食事に気を付ける。栄養素がバランス良く摂れているか、「特に」葉酸は摂れているか

ならば、男性と一緒に手軽に行える「妊活」のひとつかなと感じました。
食事でとるのが大変なら、一緒に同じ葉酸サプリを飲むのも連帯感が沸いてきそうでいいですよね。

私もさっそく、主人と一緒に葉酸を意識した生活を送ろうと心に誓うのでした。