1. ホーム
  2. 天然葉酸VS合成葉酸
  3. ≫妊娠前から葉酸を摂るメリット

妊娠前から葉酸を摂るメリット

妊娠前から葉酸を摂ることはこんなに大切でメリットいっぱい

妊娠前の葉酸のメリット先日本物の母子手帳を見せてもらう機会があったので、どのようなことが書いてあるのかな?と読ませてもらいました。

するとそこには「葉酸は赤ちゃんの二分脊椎症リスクを軽減する栄養素、妊娠前から摂取した方がいい栄養素」という内容が確かに書かれているではありませんか!

正直この情報はココじゃないでしょ…と、ツッコミを入れたくなってしまった管理人です。

妊活中という大切な時期にこそ葉酸は欠かせない成分です。
なぜならば、“本当の”妊娠初期に必要な量の葉酸を摂取することを知らずにいることは、赤ちゃんの体を先天性障害のリスクのさらすことになりかねません。

そして、葉酸は妊娠を控えている方の体を健康や美容の両面で支えてくれるおすすめの成分でもあるのです。

ここでは妊活中から妊娠初期にかけて葉酸を摂ることについて、メリットをまとめてみました。

また、葉酸の中でも天然葉酸か合成葉酸かどちらがいいのかについても考えていきたいと思います。

葉酸を摂取すると二分脊椎症のリスクが7割以上軽減

このサイトでも何度かご紹介していますが、妊娠初期に葉酸が必要という時に指す「妊娠初期」は、妊娠7週目(2か月)までをいうのです。

7週目とは排卵の周期が順調な方ならば、生理が遅れ始めて3週目と、うっかりしていると自分のお腹に赤ちゃんがいる事さえ気が付いていない程の早い時期です。

妊娠したいなと考え始めたら葉酸を摂取し始めたほうがいいというのは、大切な妊娠初期に確実に葉酸を不足させないためのたった一つの方法です。

貧血を予防するために欠かせない葉酸

yousan51-2

葉酸は血球細胞を作り出す際に無くてはならない補酵素で、不足してしまうと血液の成分が薄くなり様々な体調の悪化を招きます。

特に妊活中の方が気をつけたいのが貧血です。

葉酸が不足すると血球が不完全な状態で生成されてしまい、鉄分を始めとした栄養素を運ぶことが出来ず消滅してしまいます。
この状態が繰り返させるといずれは血球自体が足りなくなり、貧血の症状が起きるのです。

お腹の中で新しい命を育てる妊婦さんは、血液の量も最大で通常時1.5倍程増加します。
血液の量が増えても血球も同時に増える訳ではありませんので、妊娠中は貧血気味になるのが当然といっていいのです。

だからこそ妊娠前には貧血を予防するために、葉酸をきちんと摂取しておくことが大切なのです。

葉酸には子宮や卵巣の環境を整える働きも

不妊の原因にはさまざまなものがありますが、子宮や卵巣への栄養不足は妊活中には深刻な問題です。

卵子が受精卵になるまでに成熟する時にも、その受精卵を受け止めるまでに子宮内膜を成長させる時にも、無事着床してから赤ちゃんとしてこの世に生まれ落ちるまでの成長も、すべて子宮に血液が栄養を運ぶことによって成り立ちます。

質の良い血液を作り出すときも、そして血管の細胞を強くしっかり保つためにも、細胞分裂に無くてはならないのが葉酸の力です。

葉酸を摂取するのなら天然派?合成派?

yousan51-3

葉酸は自然界にもともと存在している成分で、食事から摂取することはもちろん出来ます。
だからこそ自然な形で葉酸を摂取したいと考えるのも自然なことです。

しかし自然界の食物だけで妊活に必要な葉酸400μgを摂取するのは、実際問題かなり大変で、しかも注意を払わないと妊活に悪影響を及ぼす可能性があります。
詳しくはこのサイトの

葉酸をたっぷり含む野菜は果物とは?
葉酸を含む食材の食べるべき量や注意点

でも調査していますので参考にしてくださいね。

管理人は試行錯誤した結果、葉酸はサプリメントで摂ることが安心で楽だということがわかり、現在は実践しています。

しかし、このサプリメント選びにもいろいろな落とし穴があるのです。。

確実にいえるのは、妊活中の葉酸は吸収率の高い合成葉酸が使われているものが良いということなのですが。

このサイトでは、管理人が実際に購入して試した葉酸サプリメントの体験談もまとめています。実際に飲んで見て初めて分かることもまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。

管理人ノッコの葉酸サプリ体験