1. ホーム
  2. 葉酸の基礎知識
  3. ≫葉酸にも副作用はあるのか?

葉酸にも副作用はあるのか?

葉酸も多すぎると副作用が勃発!摂取するときの注意点

葉酸にも副採用はあるの?

葉酸は妊娠だけではなく、細胞の生まれ変わりの時に必要な成分ということで、美容と健康が気になる方からも熱い視線を集めている栄養素です。
管理人ノッコもそう聞くと、妊活と合わせて美活もできるのね♪とお得な気持ちになります。

しかし、良いからと言って葉酸をたくさん摂っても問題は無いのかな…ベビー待ちしている私にとっては非常に気になるところです。
そこでここでは、葉酸の摂りすぎで副作用が起きないのか?注意すべき点は無いのかをまとめてみました。

そもそも葉酸の必要量はどのくらい?

葉酸の1日必要摂取量は

  • 成人…240μg
  • 妊活中と妊娠初期…400μg
  • 妊娠中期と後期…320μg
  • 産後授乳中…320μg

です。
中でも妊活中と妊娠初期には、通常の240μgの約倍に当たります400μgの葉酸を摂ることの必要性が、厚生労働省のHPや母子手帳にも載っています。

といっても1μg(マイクログラム)は1/10000g(グラム)ですので、葉酸の摂取量はとても微量だということが分かります。

葉酸を摂りすぎると副作用はあるの?

摂り過ぎた場合

ちなみに葉酸の最大摂取量は1000μgです。

この量をたまに摂ってしまったというくらいでしたら、ほとんど副作用の心配はないと言っていいでしょう。
というのも、葉酸は水溶性のビタミンの一種で、多くとっても体にとどまらずに外へ排出されてしまうからです。

と言っても、毎日1000μg以上を長い期間摂っていると、やはり体に影響はあります。
むくみ、湿疹、皮膚に斑点が出来る、かゆみ、まれに呼吸困難などがあげられます。
また、葉酸を摂りすぎていることでビタミンB12の不足が分かりにくくなり、ビタミンB12不足が原因の貧血を起こすこともあります。

ただしこれらは、あくまでも毎日大量の葉酸を摂りすぎ続けた場合に起こる症状です。
過剰摂取を心配するあまり、葉酸の摂取を控える方がデメリットが大きすぎるので注意しましょう。

食事の他に葉酸サプリメントを摂るのは摂りすぎになる?

サプリとの併用

ここで一つ疑問が出てきます。
食事と一緒に葉酸サプリメントを合わせて摂っても、過剰摂取にならないでしょうか?

答えは「ほとんど問題ない、というよりもかえってサプリメントを合わせて飲んだ方がいい」と言えます。

平成25年の国民健康栄養調査では、男女とも1日に必要な葉酸摂取量240μg以上が含まれている食事を食べているという結果が発表されました。
ところがここで注意しなくてはならないのが、葉酸を食物から体内に摂りいれることが出来ている量は50%程度だということです。

というのも、葉酸は水溶性で熱に弱く、水にさらしたり加熱調理したりするだけで壊れやすいのです。つまり、葉酸を食物だけから摂取したいのなら、倍の量の食事を食べてトントンということになってしまいます。
…いやだ、太り過ぎてしまう!!

通常のほぼ倍量の葉酸を摂取したい妊活中や妊娠初期ならば、やはり葉酸サプリメントの力を借りてしっかり摂取する必要性がありそうです。