1. ホーム
  2. 葉酸の基礎知識
  3. ≫葉酸の効果を味方に付ける心強い栄養素

葉酸の効果を味方に付ける心強い栄養素

葉酸サプリの飲み方のコツとは?

葉酸の味方

妊活と一言で言っても、自宅で出来る範囲のことから高度不妊治療など、取り組み方にはいろいろな方法があります。
どの方法を選ぶとしても基本的にやっておきたいのが、妊娠しやすく赤ちゃんを健やかに育むことが出来る体作りです。
葉酸はそんな、ママにふさわしい体内環境を整えておくために欠かせない栄養素として広く知られてきています。

しかし、実は葉酸だけを摂取していては、その効果を十二分に得ることは出来ないのをご存知ですか?
ここでは知っているようでうっかりしそうな葉酸と一緒に飲んでおきたい栄養素や、葉酸の飲み方について調べてまとめてみました。

葉酸を活性化させるためにビタミンCを一緒に!

葉酸は細胞の情報がぎっしり詰まった核酸を分裂させ、新しい細胞へ同じ情報をコピーする際に使用されるビタミンであり補酵素です。
この時に葉酸と一緒にビタミンCを摂取しておくと、ビタミンCが葉酸を活性化させる水素を引き寄せるので、より良い葉酸効果を得ることを期待できるのです。

特に胎児の細胞を分裂させている、大切な妊娠初期だからこそ、葉酸のパワーをアップさせるビタミンCは必ず一緒に摂りましょう。

葉酸とビタミンB12・B6で貧血と妊娠合併症を予防

葉酸は血球の細胞分裂にももちろん欠かせない栄養素です。
そしてそれと同じような働きをするのがビタミンB12です。

妊娠すると体の血液量は急激に増えますが、成分も一緒に増えていけるかどうかは妊娠前からの血液の栄養状態…つまり血球が正常な量を保っているのかと深い関わりがあります。
葉酸とビタミンB12は血球細胞を分裂させるときに欠かせない成分で、貧血予防に役立ってくれます

ビタミンB12は、ホモシステインという物質の血液濃度を下げる働きを持っています。
ホモシステインが多い状態が続いたまま妊娠してしまうと、妊娠高血圧症や妊娠糖尿病が発症してしまうリスクが高まります。

妊娠高血圧や妊娠糖尿病は母体だけでなく、赤ちゃんも先天性奇形や胎内死亡などの危険にさらす恐ろしい疾病です。
妊活中だからこそ葉酸とビタミンB12のあわせ技で、妊娠中の貧血と妊娠合併症の予防がおすすめです。

またビタミンB6もビタミンB12と同じように、血中ホモシステイン濃度を下げる効果が期待できます。特にビタミンB6には、心臓への負担を抑える働きがあり、妊娠中の事故として死亡例もある心筋梗塞などの心疾患を予防する働きも考えられます。
また、つわりが酷い方にビタミンB6の点滴をすると、症状が軽くなることが知られています。

葉酸サプリの飲み方

葉酸だけでなくサプリメントを飲むときに気にしておきたい点があります。

コップ1杯の水かぬるま湯で飲む

一つ目のコツは、コップ1杯の水かぬるま湯でサプリメントを飲むこと。
多めの水かお湯で飲むことで胃腸が刺激され、成分が吸収しやすくなります。

食後に飲む

二つ目は出来るだけ食後に飲むこと。
サプリメントはあくまでも食事で摂り切れない栄養素を補給するための物ですので、食後に飲むのが理想的です。

決まった時間に飲む

三つ目は出来るだけ決まった時間に飲むようにすること。
葉酸は水溶性のビタミンですので、使われなかった分は体内に蓄積されず排出されてしまいます。
ベビ待ちしている方はいつ赤ちゃんがお腹に来てくれるのかわかりませんし、妊娠中の方は赤ちゃんにしっかり葉酸のパワーを届けるためにも規則正しい時間に葉酸を摂取して血液中の葉酸と葉酸の力を助ける栄養素の量を不足しないようにしておきましょう。

選ぶべき葉酸サプリメントの特徴

葉酸を毎日しっかり摂るためにサプリメントを飲む事は大変おすすめなのですが、決して葉酸のみのサプリメントに頼るのはおすすめできません。
葉酸の力を発揮してもらうためにも、ここでお知らせしたように

  • ビタミンC
  • ビタミンB12、B6

を一緒に摂取できる総合的な葉酸サプリメントを選ぶと安心です。

このサイトでも、私がいいなと実感した総合葉酸サプリメントをランキングでまとめていますので是非参考にしてみてくださいね。