1. ホーム
  2. 葉酸の基礎知識
  3. ≫サプリメントで葉酸ライフを満喫

サプリメントで葉酸ライフを満喫

毎日手軽に葉酸ライフ!サプリメントならむらなく摂取できます

サプリメントで葉酸ライフを

葉酸の「よ」の字も知らなかった管理人ノッコですが、赤ちゃんが欲しいという強い願いを通じて葉酸の大切さを知ることが出来ました。
そこではじめは、葉酸が豊富に含まれた食材やメニューの事を調べ、毎日の食事から摂っていこうと考えたのですが…これがホントになかなか難しくて。

そこで、私が感じた葉酸をなるべく食材から摂ろうと実践してみて、ふと思ったデメリットについてまとめてみました。

葉酸を食物から摂取するデメリットとは?

葉酸に合わせて食べると過剰摂取になってしまう栄養素が心配

手に入りやすく、食べやすい食材で葉酸が最も多いものって何だと思いますか?
実はレバーなのです。
中でも鶏レバーには100gあたり1300μgの葉酸が含まれているので、焼き鳥なら1串で1日に必要な葉酸を摂取することが出来ます。手軽ですね!

その他にも豊富な鉄分やアミノ酸等を豊富に含むレバーは、以前なら妊婦さんに食べさせたい食材として人気だったのですが、現在は好ましくないとされています。

その訳は、ビタミンAの過剰摂取になってしまうからです。

国立健康栄養研究所のホームページを見ると「妊婦が1日にビタミンAを7,800μg以上摂取ると胎児に先天性奇形を起こす可能性がある」と記載されています。
しかもビタミンAなど脂溶性ビタミンは、体の脂肪に蓄積されるので、その日食べないからと言ってその影響がかき消されるわけではありません。
葉酸を妊娠前から初期にかけて摂る目的に先天性奇形を予防するということがある訳ですから、それでは元も子もありません!

もちろんこれは葉酸を含む食材の中のほんの一例なのですが、他の食材ではどうなのかな…と考え出すとキリがなくなりそうですね。

葉酸は壊れやすいので本当に取れているか心配

また、葉酸を食事だけで摂ると、摂りムラが出てきてしまう心配もあります。
水溶性で熱に弱い葉酸は、調理するだけでも失われていきます。
いったい自分の食べている食事にどれくらいの葉酸が残っているのかな?と考え出すと、やはりこれも心配です。

葉酸食材は高い

葉酸食生活はコストがかかる

そしてこれは…やはり食材だけで葉酸を摂るのにはコストがかかります。

たとえば野菜類の中でも葉酸が豊富な枝豆ですと、市販の袋1つで1日分の葉酸の摂取できます。
でも…私の住む地域では、枝豆1袋のお値段は298円から498円と決して安くはありませんし、その上枝豆は夏が旬の食材なのです。
「なら冷凍は?」と考えたいところですが、冷凍枝豆は加熱・水通し済で、おそらく葉酸はかなり失われていそうです。

妊活も高度不妊治療に入ると、それこそ湯水のようにお金が出ていきます
働けるうちに出来るだけ出費を抑えたいですし、そう思うと毎日必要な葉酸を食材だけで摂取するのは躊躇してしまいます。

お困りを全部解消してくれたのはサプリでした

すべては赤ちゃんのため

そんな私の3つの悩みは、とっても手軽に解消できました。
それは、足りない葉酸をサプリメントで補うことでした。

サプリメントならば、

  • 葉酸以外の栄養素を摂りすぎる心配がない
  • 1日に必要な葉酸をしっかり摂れる
  • サプリメント代はかかるけれど、毎日に換算したら食材代よりかなり安く済む

のです。

ただそういってはみたものの…妊娠希望の私にとって、安心で安全なサプリメントを探すのはなかなか大変な旅でした。
良かれと思ったサプリメントで健康被害!?なんて洒落になりませんものね。

しかし、今やたくさんのラインナップがある葉酸サプリメントだからこそ、本当にいい素材でプレママの体を考えているものは支持されているのも事実です。
このサイトでは、管理人のノッコが実際に試したり調べたりした葉酸サプリのランキングも紹介していますので、ぜひ参考にしてくださいね。